PS4 ゲームレビュー

【PS4】BLOODSTAINED:RITUAL OF THE NIGHTの評価・クリア時間

更新日:

今回はPS4版「ブラッドステインド:リチュアルオブナイト」の評価やレビュー記事になっています!
どうぞ、ごゆっくりお楽しみください!

総合評価

タイトルブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト
クリア時間30時間
トロコン40時間

私は悪魔城ドラキュラシリーズを未プレイ状態でPSプラスでフリープレイタイトルとして配信されていたのがきっかけでプレイしてみようと思いました。

steamや他ゲームサイトでもかなりの高評価という噂を聞いていたので外れることはないだろうと思いプレイしましたがこれが本当に大当たりで非常にドはまりしてしまった作品でした。

メトロイドヴァニアはホロウナイトしかプレイしていなかったのですがそれ以上に全てにおいてパーフェクトな作品だと思いました。特にBGMが頭に残るけれど耳に触らないという高クオリティなのでおすすめ◎

ホロウナイトのレビュー記事はこちら

評価内容

ストーリー★★★
システム★★★★★
グラフィック★★★★★
操作性★★★★★
達成感★★★★★

1.ストーリー

気になる方はクリックして展開してください

18世紀末、産業革命によって起こった科学の発展に伴い、錬金術は急速にその地位を失いつつあった。これに危機感を抱いた錬金術ギルドは、科学の発展は悪魔に魂を売ることだと吹聴するが、

科学の発展は止まることは無かった。業を煮やした錬金術ギルドは、結晶を移植した幼子を生贄にし、悪魔を召喚した。しかし、それから1年後、錬金術ギルドは崩壊する。

それから10年、地獄の城がこの世に復活する[7]。 それと同時に、儀式の生贄として使われる予定だった女性ミリアムが昏睡状態から目を覚ました。 ミリアムは、自らの結晶化の解決と、さらなる大きな目的のために戦いに身を投じた。

【主な登場人物】

ミリアム

本作のヒロイン。幼少時に錬金術師に拾われ、その秘術によって結晶を体内に宿す存在「シャードリンカー」になった女性。結晶の力によって昏睡状態に陥った結果、悪魔召喚の生贄から外され、儀式から10年後に目を覚ました。自身の身体に埋め込まれた結晶は、悪魔の結晶「シャード」とリンクしており、その力を引き出す形で戦闘に役立てている。昏睡中は時が止まっていたため、姿は10年前のままであると同時に記憶があいまいになっている。

ジーベル

ヨハネスの親友だった青年。錬金術ギルドの生贄として、ミリアムと同様に錬金術師にシャードリンカーに改造された結果、結晶に肉体を蝕まれている。復讐として錬金術ギルドを滅ぼし、地獄の城を呼び出す。地獄の城を呼び出した当初は、人間ではない自分とミリアムの居場所を作るという目的があったが、結晶の侵食が進んだ結果、ミリアムを仲間に引き込み、この世を地獄にして人類に復讐するという目的に変わった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ストーリーは王道で特に伏線などもなく進むすっきりとした内容。怪しい人物は初めから怪しい感じをしています。目的もはっきりしており単純明快なので複雑な内容ではありません。

フルボイスなので感情移入しやすいというのも評価に入りますが、残念ながら道中にムービーは搭載されていないので常に立ち絵が少し動く程度になっています。

その分処理落ちもなく、快適に話をスキップしながら進めることが出来るので周回では便利です◎

2.システム

気になる方はクリックして展開してください

本作はメトロイドヴァニア(英語版)と呼ばれる、『メトロイドシリーズ』や『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』のようなサイドビュー視点探索型アクションゲームである。 また、キャラクターの成長要素や、アイテムのクラフト要素もあるほか、装備を変えるとキャラクターのグラフィックも変わる。 グラフィックは3Dで制作されているものの、サイドビューで2Dのように見えるため2.5Dとされている。

本作は、コナミで『悪魔城ドラキュラ』シリーズなどの開発スタッフの一人であった五十嵐孝司がコナミ退社後にArtPlay所属となってkickstarterで資金を調達して開発した作品であり、2018年5月24日に配信された8bit風の『ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン』(Bloodstained: Curse of the moon)の10年後の時代が舞台となる。

【本編で操作できるキャラクター】

  • ミリアム
  • 斬月
  • ブラッドレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

システムはもうメトロイドヴァニアというしか表現できない感じです。私は悪魔城シリーズをプレイしていないので説明がしづらいのですが、他のプレイヤー様たちは「悪魔城まんま」だとおっしゃっていました。

ただ、回復できる要素が非常に少なく感じました。探索できるマップが少ない序盤は苦労しましたが終盤になるとファストトラベルできる箇所も増えるので安心◎

※システムについてまとめたかったのですが「メトロイドヴァニア」というジャンルそのままだったので特に補足することが出来ませんでした。反省。

3.グラフィック

グラフィックは2Dなのでクオリティは高くないのかな?などと調子に乗ったことを考えていましたが非常に高クオリティです。主人公を始め登場人物は8頭身(?)でなによりも各エリアの背景からギミックなど全ての作り込みが美しいと思います。

2Dなのでゴチャゴチャして見にくいのでは?とか通ぶったことを考えてはいたものの、どのエリアのグラフィックや明度、彩度もすごく見やすくてこの考えも綺麗にひっくりかえされるという状態でした。

個人的にキャラクターデザインも好みで更に特定箇所とアイテムで主人公の髪型やメイクを変えられるという機能に燃え(萌え?)ました。                                                                                                                                                                                  

4.操作性

操作感に関しては全く文句のつけようがないくらい爽快です。2Dということもあり多少はもっさりするものと思っていたのですが全くそんなことはなく動作もアイテム画面もサクサク動いて軽くなっています。

難点というわけではないですがどうしてもケチをつけるならシャードというアイテムをドロップした際の硬直が雑魚敵に囲まれている場合でも発生する点。その硬直のせいで袋叩きにあうこともありました。

しかしシャードの初回入手(ドロップシャードを重ねると強くなるシステム)の時だけなのでそんなに気になる点ではありませんでした。

5.達成感

今作はレベルという概念があるのでボス戦で苦労するという場面は少なかったのですが、一定条件で出現する裏ボス(?)との戦闘が非常に楽しむことが出来ました。

と、いうのも普通に戦うと確実に倒させる気がないような印象。時を止めてその間に攻撃してくるという理不尽さ。しかしこちらもほぼ安全地帯があったので理不尽さは変わりませんが裏ボスは手に汗を握りました。

ノーマルでクリアした後は更に上の難易度も用意されているのでそちらの達成感も◎

クリア時間

クリア時間は初見ノーマルモードでプレイして放置時間を含めて30時間ほどでした。マップの把握やアクションゲーム初心者であればもう少し時間がかかるとは思いますが時間をかければクリアできると思います。

マップがかなり広大でセーブポイントも少なく移動もほぼ徒歩なので不便ですがストーリー進むにつれて快適に移動できるようになるので序盤でダレてしまった方はもう少しだけ先に進んでみてはいかがでしょうか。

トロコンについて

トロコンに関してはかなり簡単な部類に入る印象。時限トロフィーを取り損ねてしまうと少し面倒ですがそれ以外の収集アイテムや所持金稼ぎなど作業をメインとしたトロフィーが多めです。

トロコンを目指すなら裏ボスや強敵を倒すことになりますがレベルを上げることでプレイスキルはカバーできる仕様なので「勝てない」と感じた時はレベル上げに専念すると◎

ゲーム難易度

メトロイドヴァニアとしては初心者向けだと思います。(もちろん私は初心者です)その初心者の私でもサクサク勧めることが出来たことと、やはり一番大きいのはレベル上げをすると火力が上がるといった点です。

このレベルの概念のおかげで「敵が強くてクリアできない」ということはないのではないかと思います。推奨レベルで勝てないならそれ以上に上げてしまえばいいんです。

ゲームはまずクリアすることに意義があります。どんな手(チートは不可)を使っても勝てればいいのです。

クリアした感想

PSプラスのフリープレイで出会ったブラッドステインドは本当に中毒性があり私の睡眠時間をかなり削ってくれました。クリアして別のゲームで遊んでいる今でもBGMが脳内再生されることもしばしば。

今回は通常モードのノーマルをプレイしたのですが他キャラを操作できる高難易度モードも用意されているので近いうちに挑戦してみたいと思っています。(クリア出来るとは言っていない)

メトロイドヴァニア…本当に面白いですね。しばらくは2Dのゲームを推していこうかなと考えています。

ブラッドステインド: リチュアル・オブ・ザ・ナイト非常に楽しませていただきました。

-PS4 ゲームレビュー

Copyright© NIWAKA GAMES , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.