PS4 ゲームレビュー

【PS4】バイオハザード4の評価・クリア時間

投稿日:

今回はPS4版「バイオハザード4」の評価やレビュー記事になっています!
どうぞ、ごゆっくりお楽しみください!

総合評価

タイトルバイオハザード4
クリア時間12時間
トロコン-

元々PS2版のバイオハザード版をプレイしていることもありストーリーや攻略ルートを8割ほど覚えておりました。※思い出としてはすごく苦手なジャンルでした

しかし昔プレイした時よりも簡単に感じているのでPS2版の発売当時から見ると色々なゲームをプレイしてきた経験が生かされたのかなと思っています。「きちんとプレイ出来れば」すごく中毒性のあるゲームだと思います。

ですがやはりカメラワークと操作性が今の時代のゲームとは違い過ぎて戸惑いも感じましたが1時間もすれば慣れてくるのでさすがカプコン様といった感じです。最終的には「なにこれ操作性いいじゃん」という感想まで言えるようになります◎

評価内容

ストーリー△

気になる方はクリックして展開してください

1998年に発生したアメリカ中西部の街ラクーンシティ消滅事件の後、元凶である製薬会社アンブレラは政府から業務停止命令を受けて株価が大暴落したことで、倒産に追い込まれた。

事件の生き残りの1人であるレオン・S・ケネディは合衆国政府に能力を認められてスカウトされ、エージェントとしての訓練を受ける日々を送っていた。

時が過ぎ、事件から6年後の2004年。レオンは初任務として大統領令嬢アシュリー・グラハムの護衛に就く予定だったが、彼女が何者かに誘拐され、しかも内通者の存在が疑われたことから単独での捜査の指令が下る。

わずかな目撃情報を頼りにヨーロッパへ飛んで、ある辺境の村を訪れたレオンは聞き込みを始めた直後にいきなり村人の襲撃を受けてしまう。応戦するレオンに対し、村人はその身に銃弾を受けても怯むことなく襲い掛かってくる。その姿に6年前の忌まわしい記憶であるラクーンシティのゾンビを重ねながら、レオンは村人や異形の化け物を撃ち倒して村の捜索を開始する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前作までと(バイオハザード3)ほぼ繋がりのないストーリーなので他の作品をプレイしていなくても楽しむことが出来ます。逆にバイオハザード2をプレイ済の方たちは「レオンにいったい何があったの???」と思ったのではないでしょうか。

バイオハザード2での彼女に振られてやけ酒をし、出勤初日に大遅刻をかましていた新人警官のレオンはもういません。今回は大統領の娘の護衛をするくらい大きな仕事に着任しています。

※RE2ではその設定がなくなってしまったようです。悲しい

システム○

気になる方はクリックして展開してください

アクションシューティング

の要素強化従来のシリーズでは謎解きやフィールドの探索などのアドベンチャー要素が大きかったが、本作ではTPSのようにアクション性が強くなり濃厚な戦略を楽しめるようになった。操作方法も大きな変更がなされ、『0』までの固定式のカメラアングル、ラジコン操作から、プレイヤーを背面から追従するビハインドカメラと、エイミング操作が採用されており、これによってより直感的な動きや銃器によって直接的に頭や脚などの部位、弱点に狙いをつけられるようになった。ただし、アシュリー操作時は従来の固定式カメラアングル、ラジコン操作となる(難易度によってはエイミング操作と、ビハインドカメラになっている)。これに伴って視界の外からの攻撃に備えられるよう、敵が出現した場合はほぼ必ずBGMが流れる仕様になっている(例外あり)。また、倒した敵から、弾薬・アイテム・金銭をランダムに入手できるため、弾不足を解消し、敵を倒す意義がより大きくなった。そのほか、倒した敵や命中率は各チャプター終了時に表示され、各所に設けられた射撃場で練習をする事ができる。なお、射撃場で高得点を出すと、賞金とおまけアイテムを入手できる。これらの要素は後の『6』や『RV2』などのシリーズまで継承されている。

武器・アイテムの携帯武器

や回復アイテムはアタッシュケースにブロック単位で収納されるようになり、鍵などのイベントアイテムや宝物はアタッシュケースとは別に無制限に持てるようになった。弾やハーブなどの小さいものはブロック面積をほとんど使わないが、ショットガンやロケットランチャーなどは相応の面積を必要とする。前作の『0』と同様に、アイテムボックスが登場せず、不要なアイテムをその場で手放せるが、後者の場合は捨てる事になるため、再入手不可能となる。なお、アタッシュケースはゲームの進行に応じて大きいサイズのものを入手することが可能だが結局は、持てる数に限りがある事に変わりはなく、ハーブを調合するなどして圧縮したり、弾を銃に装填して場所を空けたりなど、いかに取捨選択をしながらアイテムを活用するかを考える必要がある。

金銭・新アイテム金銭の概念

が導入され、武器商人から武器、アイテムの購入・売却・武器の改造ができるようになった。弾薬は扱っていないが、装弾数の改造で入手することは可能。通貨の単位は旧スペインの「ペセタ(ptas)」である。「ブルーハーブ」が廃止された代わりに、新しいアイテムとして体力の上限を上げるイエローハーブが登場している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

システムも一新されており、前作までのバイオハザードとは全てが違います。

変更点

・銃を撃つのにエイムが必要
・敵がゾンビですらない
・敵を倒すと弾や回復をドロップ
・タイラント不在

など、前作はフル無視の仕様となっています。これがバイオハザード4の評価が分かれてしまう原因です。

しかし慣れてしまうと「おお、このシステムも楽しいじゃん」となった人が多いので今でも移植されるタイトルになったのだと思っています※私もその一人です

グラフィック◎

グラフィックは当時(PS2)よりもHD画質で綺麗になっています。もちろんですがPS2版の時からポリゴン感はなくなっているのでバイオハザードの中ではグラフィックも一新したタイトルです。

バイオハザード2時代のポリゴンレオンの面影は全くなく「イケメンレオン」が誕生しています。2から4の間にいったい何があったのでしょうか…。

もちろんエイダも2以上に美しく、妖艶になっています。大統領の娘アシュリーも美少女(見た目は)なので必見です。

操作性△

操作性は初めてプレイするときはこれはラジコン操作なの?何操作なの?と感じでぎこちない操作になってしますのですが1時間もプレイしていると何故かスムーズに操作できるようになっていきました。※当然ですが個人差があります

しかし最近のFPSやTPSをプレイしている方からすると「非常に操作性が悪い」と敬遠される操作性でもあります。

自由なようで自由ではないカメラワークにイライラしてしまうことも多々あると思いますがここはぐっと我慢して1時間プレイしてみてください。

達成感◎

操作性の難を超え、強敵を倒してクリアしたときの達成感が強いのですが、「さぁ2周目やろう」と即時に思える中毒性があります。ネタバレになりすぎるので多くは語れませんが

ラスボスがラスボスではありません。

これは初見プレイ時に多くの人が思ったと思います。それ故に達成感が強く2周目への切り替えが早くできる要因のひとつだと勝手に思っています。ラストが一番シビアで難しく今まで倒してきた敵がどうでもよくなるくらい苛立ちを覚えます。

クリア時間

クリア時間はPS2版をプレイしたことがあったので約12時間ほどかかりました。もともとこういうシステムのゲームが得意ではないということとトライ&エラーを繰り返しての時間になります。

普段からエイムを必要とするゲームをプレイしている方はもっとサクサクプレイ出来ると思うのでクリア時間はまだまだ短くなると思います。

ただ最近のゲームと比較するとボリュームは物足りないと感じると思いますが周回要素があるのでそこでカバーしています◎

トロコンについて

トロコンに関してはプラチナトロフィーが存在しないタイトルであり、獲得トロフィー数も少ないのでプラチナ取得ではなくトロコンが目標になります。

PS3版と共通のトロフィーになっているのであえて鬼門というなら最高難易度であるプロフェッショナルクリアだと思います。

しかしこのプロフェッショナルクリアもノーマルでクリア出来たのであればそれほど難しくはないのではないでしょうか。攻略動画でプロフェッショナルクリアのコツなどがたくさんあるので参考にしてみるのも◎

ゲーム難易度

ゲーム難易度は正直評価しにくいところでエイムを必要とするゲームを普段からプレイしてる人にとってはノーマルが簡単に感じると思います。ですが、未経験or苦手な場合は最低難易度のアマチュアでも難しく感じると思います。

なので初心者の方が慣れてしまえば簡単な部類に入る「慣れで全てが決まる」ゲーム難易度だと思います。

余談ですが私はこういうシステムのゲームは正直苦手です。が、アマチュアで1周目をクリアしたあとのノーマルは非常に楽に進むことが出来ました。※現在プロフェッショナルに挑戦中です

クリアした感想

実は私バイオハザードシリーズでこの4が非常に苦手で自分の中でバイオハザードランキングを作成するならぶっちぎりで最下位と思っていた作品でした。

今回PS4版をプレイしたきっかけはバイオハザード8に4の要素が入っているかもしれないといった情報を見かけたので「苦手を払拭しよう」と思ったのが始まり。

きちんと敵の対処やギミックなどを理解してからプレイをすると「これは世間が神ゲーと呼ぶわけだ」と納得してバイオハザードランキング上位に食い込む作品となりました。

RTAにも挑戦したいのでこれからもバイオハザード4楽しませていただきます!

-PS4 ゲームレビュー

Copyright© NIWAKA GAMES , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.