PS4 ゲームレビュー

【PS4】ウィッチャー3ワイルドハントの評価・クリア時間

更新日:

今回は「ウィッチャー3 ワイルドハント」の評価やレビュー記事になっています!
どうぞ、ごゆっくりお楽しみください!

総合評価

画像

タイトルウィッチャー3ワイルドハント
クリア時間80時間
トロコン-

発売から数年たってウィッチャー3ワイルドハントをプレイしたのですが、世間の評判は正しくて本当に神ゲーだと思います。戦闘は比較的もっさりしていますが全くストレスになりません。

オープンワールドは数作品程度しかプレイしたことのない私ですがストーリー進行、各種戦闘に詰まる部分もなくサクサク進むことが出来ました。

そして何よりもメインクエストやサブクエストのボリュームがすごいので序盤で軽く数十時間かかるレベル。数年かけて遊ぶことが出来る作品なのは間違いありません。

評価内容

ストーリー〇

気になる方はクリックして展開してください

この世界にはモンスターと戦うために数多の試練を乗り越えた
「ウィッチャー」と呼ばれる者達がいる。その中に伝説と謳われる男がいた。

リヴィアのゲラルト。またの名を”白狼”。

王殺しの汚名を返上し、政治的な駆け引きから開放されたゲラルトは、
北方諸国とニルフガード帝国が雌雄を決する対戦を行うさなか、
行方不明になったかつての恋人イェネファーと養女シリを捜す旅に出る。

一歩ごとに迫る、ワイルドハントの気配を感じながら。

出典: ウィッチャー3ワイルドハント 攻略@Wiki

ウィッチャーであるゲラルトが各地の美女とキャッキャッウフフ過ごす話…ではなく行方不明になった恋人と養女を探して世界を旅するお話です。

しかし、メインストーリーとは別にサブストーリーが膨大な量なのでかなりボリュームのある内容だと思います。

サブクエストを追いかけているとメインクエストを進めることが出来ない…と大げさかもしれませんがプレイした人は思ったのではないでしょうか。

システム 〇

気になる方はクリックして展開してください

難易度は、「ストーリー」「ストーリー&バトル」「ブラッド&ハードコア」「デスマーチ」の4段階に分かれており、ゲーム進行中にいつでも変更することができる。4つの難易度のうち「ブラッド&ハードコア」と「デスマーチ」は瞑想による体力回復が無効化されている

前作ウィッチャー2(英語版)のセーブデータシミュレーションにも対応しており、ゲーム序盤でオンにすると、その時のゲラルトの決断をストーリーに反映させることができる。なお、オフにすることも可能であり、前作を知らなくてもプレイできる仕組みになっているプレイ時間は、メインストーリーに50時間、それ以外に50時間の合計100時間が見込まれている。

サイドストーリーには「ウィッチャーへの依頼」というカテゴリーがあり、これは人々からモンスターの退治を依頼され、モンスターの正体や弱点などの情報を収集して戦いを挑むというものである。 クエストは全て人間の手で用意されたものであり、自動生成される繰り返しクエストはない。また、ゲーム内にてグウェントと呼ばれるトレーディングカードゲームがプレイできる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

序盤のチュートリアルが少ないのが不親切な印象です。正直最後までクリアした後「え、こんなこと出来たの?」と気づくことも多々ありました。

クエストを進めていると選択を迫られることがありますがこの選択肢が一部分岐に繋がっておりマルチエンディング要素なのも知ったのはだいぶ終盤でした。

ただ一番の問題はアイテムや装備関連のUIが非常に重いので私自身はとてもストレスが大きかったです。(PS4 GOYEプレイの時)

グラフィック◎

グラフィックに関しては非常にリアルに作られていると思います。キャラクターの表情や動き、NPCも「ちゃんとそこで生活しているよう」に感じました。

あとはPS4版では規制がかかっているようなのですがPC版では女性との〇〇〇シーンなどの規制がないとか…

ちなみにPS4版では水着のような布を着用していますがPC版では裸らしいです。私はPS4番したプレイしたことがないので気になる方は動画サイトで探してみるのも◎

操作性△

戦闘、インベントリ、装備変更など全てにおいてもっさりしていてストレスを感じます。※私がプレイしたのは通常版のPS4です。pro使用時や外付けSSDなどを導入している場合は変わってくると思います。

戦闘に関してはモンスターハンターやダークソウルの近いヒット&アウェイなのですが例として挙げた2作品よりももっさりしている印象。

スタイリッシュなサクサク動作を求める方にはおすすめできません。加えてカメラワークも貧弱で戦いにくいと感じるフィールドもしばしば。

達成感◎

私は低難易度でプレイしたので達成感はあまり感じられませんでしたが、引き継ぎ無しの高難易度はかなり難しく序盤の雑魚敵の一発でも即死してしまいます。

引き継ぎをしたとしても初周でかなりレベルをあげておかないと厳しいようです。個人的に一番達成感を感じられたのはサブクエストの馬のレースとクヴェントというカードゲームでした。

クヴェントは単体アプリでリリースされているほど中毒性のあるゲームに仕上がっています。(ルールを把握するまでが難しいですが)

クリア時間

クリア時間は初周で80時間もかかりました。ウィッチャー3はサブクエスト等の寄り道クエストが多く用意されているのでどの程度クエストを消化したかでクリア時間が変わってきます。

私は基本的に出現したクエストを全て消化していったつもろだったのですが時限クエストやフラグを立てなければ発生しないクエストは取り逃していると思います。

それでも80時間かかったので本来なら100時間はかかるのでは…?と思います。ただプレイスキルがあってレベルを上げなくてもメインクエストを進めることが出来るという方はもっと早くクリア出来るのであくまでも参考程度に。

トロコンについて

私はまだトロコン作業まで辿りついていませんが、トロフィーリストを確認した感じではプラチナ取得はかなりハードルが高いのではないかと思います。

総トロフィー数も多く、ゲーム自体が時間がかかるタイトルなのでトロコンするとなると膨大な時間とハイレベルなプレイスキルが必要です。

クエスト全消化、レース全勝利、最高難易度クリアなど聞いただけで「どれだけ時間がかかるんだ」と思いました。いつかはチャレンジしてみたいと思いますがなかなか重い腰が上がりません。

ゲーム難易度

ウィッチャー3は難易度が選べるので低難易度でプレイする場合はそんなに苦労はしないレベルです。しかし、モンハンやダークソウルをプレイしたことのない方には操作や戦闘スタイルが合わないと思います。

コンボを決めるのではなくちょっとずつ敵のHPを削っていくのがゲラルトの戦い方なので(魔法も使えますがレベル上げが必要です)慣れるまでは難しいですが慣れると低難易度はクリアできるレベルではないでしょうか。

ただ、難易度を上げると難しさが爆上がりするので初見プレイ時は注意が必要です。

クリアした感想

ウィッチャー3はのめり込むと時間がいくらあっても足りないゲームです。メインクエスト、サブクエスト、その他クエストのボリュームがありすぎてどこから行こうか悩むし、MAP上の未開の地も埋めたいと思うはず。

序盤はつまらなく感じて辞めてしまう方も多いようですがノヴィグラドという街に出入りできるようになってからが面白さが爆上がりなのでそこまではぜひ耐えてプレイしていただきたい!

ウィッチャー3楽しませていただいてます。

-PS4 ゲームレビュー

Copyright© NIWAKA GAMES , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.