ゲームレビュー

【評価・レビュー】バイオハザード レジスタンスをプレイしてみた話 サバイバー編【PS4】

更新日:

総合評価

バイオハザードRE3同梱難しさ★★★★★
操作性★★☆☆☆
ストーリー★★☆☆☆
グラフィック★★★☆☆
達成感★★★☆☆

バイオハザードレジスタンスはバイオハザードRE3に同梱されている非対称PVPです。

同ジャンルのゲームとしてはDBD(デッドバイデイライト)がよく挙げられていますがDBDともバイオハザードとも違う「バイオハザードレジスタンス」という作品だということを認識しておく必要があると思います。

バイオハザードアウトブレイクを短くした内容で協力プレイが出来るので非対称PVPが好きな方、RE2やRE3の操作感・グラフィックが好きな方におすすめです!

ゲーム概要

ジャンルサバイバルホラー
開発会元カプコン
ディレクター坂田聖彦
対応機種PS4/XBOne/PC
対象年齢CERO:D(17歳以上)

ストーリー

気になる方はクリックして展開してください

サミュエル・ジョーダン 

元ボクサー。試合による重傷でボクシング人生を絶たれ、人生の目標を失う。入院中、ある薬物が自分をリングに戻せるかもしれないと聞き、人体実験に志願。その後、消息不明となる。アタッカーの役割を果たし、体力が高く、近接攻撃力も高い。

ジャニアリー・ヴァン・サント

優秀なハッカー。人付き合いを嫌うが、数名の記者とは利害関係が一致する仲であり、機密情報の提供や調査依頼を引き受けている。『RE:3』本編の資料にも登場したタブロイド紙「ニュース・コメット」の記者経由の依頼でアンブレラ社とラクーン市警の違法事実を調査中に住処から姿を消した。サポートの役割を果たし、ハッキングスキルでマスターマインドのカメラを破壊できるほか、コスト上昇スキルも持つ。

ヴァレリー・ハーモン

実就学生。優秀な化学の成績からNEST2へのインターンが決まるが、ある研究計画に参加したルームメイトが突如、記憶喪失となってしまい、その原因の調査を始めた彼女は拉致されてしまう。サポートの役割を果たし、付近のアイテムなどを一定時間強調表示するスキルのほか、回復スキルも持つ。体力は低めだが、これらのスキルの有効性から初心者にはうってつけなキャラクターとなっている。

タイローン・ヘンリー 

消防隊員。そのリーダーシップから若くして消防司令補に就任。アンブレラ社工場の火災に応援として向かった彼は火事場に入ろうとする姿を最後に消息不明となる。死体が未発見にも拘らず、消防局は彼を殉職扱いとするが、実際には死んでおらず、実験に参加させられることになる。タンクの役割を果たし、強力なキックで目の前のクリーチャーに攻撃ができるスキルなどを持ち、体力も高いため、盾の役割を果たす。

ベッカ・ウーレット 

自然保護官。大自然の牧場で育つ。同じ自然保護官の叔父から射撃スキルを叩き込まれており、同僚の中でも特に銃の扱いに長けている。仕事終わりに立ち寄ったバーで、森林にて悲鳴を聞いたとの通報を受けて現場に急行。そこで化け物のような野犬に襲われて気を失う。アタッカーの役割を果たし、射撃関連のスキルが充実している。

マーティン・サンドイッチ

医療設備会社勤務。小柄で気が利くが、肝が小さい。スペンサー記念病院の設備修理に派遣された後、地下室に秘められている違法実験室に気付く。自分がとんでもない所に来てしまったと気付いた時には既に遅く、実験に巻き込まれてしまう。サポートの役割を果たし、トラップ関連のスキルを多数持つ。地雷の設置、先行手榴弾と同等の光を発せるスキル、マスターマインドが設置したトラップの解体を可能としている。

ジル・バレンタイン

4月17日に追加。本編とは異なり、知らぬ間にサミュエルたちと同じ研究施設へと閉じ込められてしまった。アタッカーの役割を果たし、本編同様の回避スキルを持つほか、フィーバースキルでSTARS装備(Lホーク並みの威力を持つサムライエッジかロケットランチャー)を使用可能。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

システム

気になる方はクリックして展開してください

サバイバーの戦法の多様性が挙げられており、ファビアノは「サバイバーは一般人だから、全員が銃を撃つよりも、打撃でゾンビを倒す人がいるほうが自然」という考えから、原作にはない接近戦を主体としたサバイバーを取り入れたとメディアのインタビューで述べている

また、皆で楽しめるようにするという方針から、本モードは非対称型の対戦ゲームでありながらも、試合後には全員へ均等にボーナスポイントが入る仕組みが取られた。

さらに、フレンド同士の八百長防止のため、ランダム以外のマッチングでは入手できるポイントを低く抑えるなどの制限が設けられた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

良かったポイント

私はオンラインゲームをあまりプレイしないのですがバイオハザードレジスタンスは非常に楽しめています!そこでよかった点を6点ご紹介!

Twitterや知人から面白いといって勧誘を受けたので迷ってはいたのですが友人とプレイするために初めて非対称pvpの世界に足を踏み込んでみました!

民度がいい!

ゲームを始めたばかりのころは皆ランク1です。恥ずかしさを感じることは全然ないですよ!だってレジスタンスの民度めちゃくちゃいいと思います。

他の非対称pvpの民度の話を聞くと身の毛がよだちますが私自身サバイバー側で煽りを受けたことは一度もありません。

役割に拘らなくてもいい

近接特化、銃特化、回復特化、ハッカーなど1ゲーム内で必ず活躍できる場所があるんですが、その行動をどのキャラクターでもカバーやサポートできたりするのでプレッシャーも少なくなっています。

特に仲間内で遊ぶときはサバイバーのバランスとしては文句の付け所がないと思います※野良だと荒らしプレイヤーなどもいるのであえて仲間内と表現しています

スキルで個性を出せる

キャラクターごとの固有スキルの他に装備できる補助スキルは全部で4種類あるのですが「このキャラしか使用できない」といった補助スキルの縛りがありません

ということは回復特化型、蘇生特化型など自分の使いやすいように組むことが出来てMM側を混乱させることが可能です!

どのキャラも楽しい

カメラハッキング係、回復、蘇生、アタッカーなどオンラインRPG並みに様々な役割を好きな時に経験することが出来ます!

もちろん初心者でも他のメンバーがフォローしてくれたりと練習のしやすい環境になっていると思います。※一部ユーザーを除く

1試合の平均は10分程度

1試合の平均時間は10分程度なので空き時間にもプレイすることが出来ます。※ラグ・バグが発生している場合は時間がかかることもあります

1試合ごとに一呼吸おけるので連戦しなければならないといったオンラインゲーム特有のプレッシャーは全くありません。

コスチュームやスキンが豊富

サバイバーはアクセサリーボックスというBPを消費するかチケットを入手して開封できるガチャシステムがあるのですが、

キャラクターコスチュームや武器スキンが充実しています!チケットはデイリーミッション達成で入手することも出来るのでやっておいた方がいいかも…!?

悪かったポイント

今回はシステムやストーリーではなく環境の不具合について3点あげさせてもらいます。オンラインゲームなので気にしていてもしょうがないのかもしれませんが

改善してくれたらまだまだユーザーが増えると思うので「届け!この思い!」くらいで目を通していただけると嬉しいです。

バグとラグ祭り

これは大問題だと思うのですがラグやバグが多いです。その影響はサバイバーのみにしか受けないのでホスト側であるMM側にもペナルティを課していただきたい!

そのバグがMM側のチートなのか回線問題なのか運営側の問題なのかは分かりませんがこの問題は早急に対応してほしいと思っています。

放置プレイヤーが多い

ランクマッチシステムがないので気持ちは分からなくもないのですが、ランクを上げるための放置プレイがめちゃくちゃ多いのでそういう悪質なプレイヤーにはペナルティを課していただきたい!

放置しているプレイヤーがいると先に進めないのでやめていただきたいですね。

わがままな人が多い

キャラクター選択時に自分の使用したいキャラクターを確保できなかった時、マッチングしているのにも関わらず抜ける人が多いです。

気持ちは分かりますが、マッチングはしているので他のプレイヤーからすると立派な迷惑行為ですね。

トロコンのコツ

レジスタンスのプラチナトロフィーはサバイバーとMMをまんべんなく遊んでいると取得できると思います。

オンラインで協力プレイが出来るので「全員で最強武器を所持する」などの条件トロフィーは仲間内で遊ぶとそこそこ簡単に取得できると思います!

ただ、各キャラのランクを全て解放しなければいけないのでプラチナまでの時間はすごくかかると覚悟して挑みましょう

プレイ時のコツ

基本的にエリア内で瀕死になってしまうのはMM側にとってかなりおいしい状況になってしまうので「瀕死状態」「ゾンビ群に突っ込む」などは止めておきましょう!

それよりも他のメンバーの位置把握、状況把握を細かく行うことで全員の生存確率がグっとあがりますよ!以下の3点が参考になるといいのですが…

単独行動は控えよう

初心者の内はMAP把握や監視カメラの位置を意識して探索することを意識して進めたほうがいいゲームです。

そのためマッチングしたチームの高ランクサバイバーに付いていき、ルートを覚えたりギミックの場所を覚えたりすると自然と慣れていくことが出来ます。

キャラの特性を覚える

レジスタンス内のキャラクターは各々特化したスキルを保有しています。マッチング時にどのキャラクターを使用するか決定する時に

回復がいないから自分がやろう、近接がいるからハッカーをやろうなど臨機応変に対応できるように各キャラの特性を覚えることで勝ちにつなげることが出来ます

イライラしない

レジスタンスは今現在(2020/5/8)ランクマッチが出来ない仕様なので自分のランクが1だとしても高ランクのMM(マスターマインド)にあたることもあります。

そんな場合は無理だと初めから諦めることをせずに「ランク1の私と仲間で少しでもMMを困らせてやろう」という心構えで挑んでみるとストレスもたまらずにプレイできると思います。

クリアした感想

バイオハザードRE3を遊んで満足してしまい、レジスタンスへの参戦がかなり遅れた私ですが現在は毎日数時間プレイするほどハマっています!

まだMMでプレイしたことはないのですがサバイバー側を遊んだ感想としてはチャット機能がなく、ボイチャ機能もオフにすることが出来るのでストレスなく遊ぶことが出来るいいPVPです。

今後もキャラクターの追加に期待しながら遊んでいきたいと思っています!※私はクリスの追加を強く希望しています

バイオハザードレジスタンス楽しませていただいてます。

-ゲームレビュー

Copyright© NIWAKA GAMES , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.